単身赴任での引っ越しノウハウ

サラリーマンに付きものの転勤も、子供が中学・高校生となり教育の事を考えると単身赴任をするようになります。単身赴任先から次の赴任先へ移動するケースもありますが、暫くの期間だけ自宅通勤に戻り、再び単身赴任と言うケースも意外と多いものです。

202068
私の場合は、後者のパターンが多く、そうしたケースの単身赴任の引越しノウハウをいつしか身に付けてしまいました。単身赴任する際には、寝具や衣類は自宅から引越し荷物として赴任先に移動しますが、家具や家電製品等は現地で調達し、引越し荷物を極力抑え、単身パックを活用するようにします。
単身赴任を終えて自宅通勤に戻る際には、テレビ等は持ちかえりますが、冷蔵庫や洗濯機は現地のリサイクルショップに買取ってもらいます。次にまた単身赴任が予測されても、自宅にそうした大型家電を保管する場所がなく、仕方なく身に着いたノウハウです。
買取価格が安くても、廃棄処分して家電リサイクル法によるリサイクル料金を支払う事を考えるとプラスマイナスは大きなものとなるのです。
逆にリサイクルショップで安くて良い品を見つけた時は、冷蔵庫や洗濯機をリサイクルショップで購入し、自宅に戻る際にはリサイクル料金を支払って廃棄処分するという手もあります。
とにかく、廃棄時に家電リサクル法によるリサイクル料金で、自宅にスペアとして保管する事が困難な冷蔵庫や洗濯機を、単身赴任先で上手に購入・廃棄する事でその費用を抑えると共に、引越し荷物を減らし、必ず単身パックで引越し可能な様にする事が、引越し費用を最も安く上げるコツなのです。何事も経験が増えれば、ノウハウが身に着くものですネ。

荒川区内 引越し 料金について

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    カテゴリー

    このページの先頭へ

    サーカス動画